国宝 東京国立博物館のすべて 史上初、所蔵する国宝89件を公開。

すべて公開
2022年10月18日から12月11日まで 東京国立博物館

国宝 東京国立博物館のすべて

東京国立博物館創立150年記念特設サイト

事前予約制

お知らせ

新着情報

開催趣旨

東京国立博物館(東博)は、令和4年(2022)、創立150年を迎えました。
明治5年(1872)の発足以来、日本でもっとも長い歴史をもつ博物館として、
かけがえのない文化財の保存と公開という命題を両立させながら、日本の文化を未来へ、
そして世界へ伝えていく役割を果たしてきました。
本展は、この大きな節目を記念して開催するものです。
150年の間に積み重ねられた約12万件という膨大な所蔵品の中から、国宝89件すべてを含む名品と、
明治から令和にいたる150年の歩みを物語る関連資料を通して、東京国立博物館の全貌を紹介します。
展示は2部構成で、計150件を展示します。
東京国立博物館にはじめて来館される方には新発見の場として、親しいリピーターの方には再発見の場として、魅力的な展示内容と展覧会場を創出します。

みどころ

史上初!所蔵する国宝89件すべてを公開!

東京国立博物館が所蔵する国宝89件すべてを展示します(会期中展示替えあり)。
これは150年の歴史上はじめての奇跡的なことで、誰も見たことがない、メモリアルイヤーにふさわしい展示が実現します。

明治から令和まで、東博150年の歩みを追体験

東京国立博物館の150 年を3期に分け、各時代の収蔵品や関連資料などから、その歩みを紹介します。
150年前の湯島聖堂博覧会や帝室博物館時代の展示品による再現展示、
かつて展示されていたキリン剥製標本の里帰りなどを通して、当時の人々の驚きや感動を追体験していただきます。

国宝刀剣が集結!東博に「国宝刀剣の間」出現!

東京国立博物館が所蔵する国宝の刀剣全19件(日本最多!)を、一つの展示室でまとめて展示します。
見どころである刃文や地鉄じがねの美をじっくり鑑賞できるようデザインした展示空間、
名付けて「国宝刀剣の間」で日本刀の魅力にどっぷり没入してください。

開催概要

  • 展覧
    会名
    東京国立博物館創立150年記念 
    特別展「国宝 東京国立博物館のすべて」
  • 会期
    2022年10月18日(火)~12月11日(日)
  • 会場
    東京国立博物館 平成館
  • 開館
    時間
    午前9時30分~午後5時
    ※金曜・土曜日は午後8時まで開館(総合文化展は午後5時閉館)
  • 休館日
    月曜日
  • 主催
    東京国立博物館、毎日新聞社、NHK、NHKプロモーション、
    独立行政法人日本芸術文化振興会、文化庁
  • 協賛
    JR東日本、大伸社、大和ハウス工業、三井住友銀行、
    横河電機、横河ブリッジホールディングス
  • お問
    合せ
    050-5541-8600(ハローダイヤル)

※会期中、一部作品の展示替えを行います。

※本展は事前予約制(日時指定)です。詳細は、確定し次第、本サイトでお知らせします。

※展示作品、会期、展示期間、開館時間、休館日、観覧料等については、今後の諸事情により変更する場合があります。最新情報は本サイトでご確認ください。